第31回 ファルコンステークスの出目による考察