いつの間にか一流馬になっていた馬といえば・・・