京都大賞典の2017年の予想と過去の傾向