菊花賞はサトノアーサーが勝つ