天皇賞秋には、不思議な人気と枠のパターンがある。