「単に君たちがどうでもいいんじゃない?」